日本橋ストリートフェスタ2017の大盛り上がりコスプレ祭レポート

Pocket

「ストフェス」こと「日本橋ストリートフェスタ」の2017は3連休の中日(3月19日)におこなわれました。毎年春分の日近辺に開催され、今年で第13回となります。コスプレイヤーたちの祭典です。

「日本橋ストリートフェスタ2017」当日のようすをまだあまり実態を知らない人向けに紹介します。知ってるから、コスプレイヤーを見せろ! って人は下の記事をどうぞ。
 
 ⇒ 日本橋ストリートフェスタ2017のセクシーなコスプレ美人たち
 ⇒ 日本橋ストリートフェスタ2017のかわいいコスプレ美女と美少女
 ⇒ 日本橋ストリートフェスタ2017の過激な露出系やワイルド系コスプレ

※このページの写真は、イベント主催者の正式な許可を得て、撮影&掲載しているものです。画像は閲覧のみでお願いします。コピー(保存)や無断転載は厳禁です。

●主催者:日本橋ストリートフェスタ運営委員会




ストフェスは堺筋周辺がコスプレ天国となる20万人級のイベント

「日本橋ストリートフェスタ」は街中でのコスプレ・イベントということが最大の特徴です。大阪・日本橋の「でんでんタウン」と称される電器屋街周辺が会場です。

メインとなるのは、堺筋。恵美須町駅のあたりから日本橋駅の方へ向かって北へ行く形でなんさん通りのところまでの約700メートルが歩行者天国となり、パレードも通ります。

そこから難波駅の方にかけての西側、オタロードやなんばCITYの一部(トイザらスのまえあたり)もコスプレ&撮影可能エリアとして開放されます。

集まるコスプレイヤー、カメコ(カメラ小僧、カメラ女子)、見物客、観光客、知らずに巻き込まれたオッサン&オバハンの数は20万人以上、通りが満員電車級に混雑します。

<h2>コスプレ祭のパレードの周辺でもコスプレイヤーの撮影会</h2>

筆者は朝から行きまして、ディスクピアのとなりに設置された日本橋ストリートフェスタ運営本部でNHKの人につづいてプレス登録をし、腕章をもらいます。

本部の表では、スタッフをしているコスプレイヤーがパンフレット(英語版もあり)を配っていました。せっかくなので、1枚撮らせてもらうと、さっそく名刺をいただきました。

会場となる路上は着替えをすませたコスプレイヤーたちが続々参戦。パレードに参加するため、スタート地点ヘ急ぐコスプレイヤーには、声をかけても「あとで」と言われます。

そうでないコスプレイヤーは歩道沿いに場所取りをして、すでに撮影がはじまっています。

セレモニーやパレードを撮りたい人は場所取りしないと、いい写真は撮れません。

手作りコスプレ衣装の細部にも注目しよう

人気のコスプレイヤーの周囲には、すぐにカメコの輪ができます。そこまで本気モードでない人も、スマホをかまえています。マナー違反のローアングラーもいたりします。

もっとも、コスプレイヤーの側もいまは対策をしています。子連れの若いお母さんが、
「お尻丸出しやん」
と言ってましたが、下に1枚はいています。

こっちの彼女なども遠目にはドキッとする衣装ですが、ご覧の通り地肌ではありません。

そういう中坊(男子中学生)的視線で見るより、もっと細部に注目してあげてください。

コスプレイヤーの側もなれていて、色っぽいポージングをしたり、カメコが増えすぎたら自分でカウントダウンして(ホントはスタッフの役目)場所移動したりしています。




常連さんや人気コスプレイヤーも多数参加

カップルで参加しているコスプレイヤーも多いです。男だけコスって女はカメ子ってパターンも目につきました。彼氏じゃない人にふり返りポーズとかお願いしていました。

アニメオタクしかわからないような作品のコスプレイヤーだけでなく、お父さん(おじいさん?)世代の特撮モノ(キカイダーなど)や笑いをとりにいっている人たちもいます。

デッキチェアにねそべるポルコ・ロッソ(『紅の豚』)見て、「昨年もいたよね?」とツレと会話してる女性がいました。つまり、あなたがたも「昨年もいた」ってことですね。

他にも、常連コスプレイヤーや人気コスプレイヤーもたくさん見かけました。有名無名を問わず、じっさいに参加していたコスプレイヤーたちの画像は次の記事で。
 
 
【関連記事】
 日本橋ストリートフェスタ2017のセクシーなコスプレ美人たち
 日本橋ストリートフェスタ2017のかわいいコスプレ美女と美少女
 日本橋ストリートフェスタ2017の過激な露出系やワイルド系コスプレ