神戸コレクションと三宮コレクションの関係

「三宮コレクション」が3月5日(日)、「神戸コレクション」の翌日に開催されました。ちがいがわからない人のために、それぞれの解説をします。




神戸コレクションはどんな感じ?

いわゆる「リアル・クローズ」のファッションショーが東京コレクションと神戸コレクション。当然、西のオシャレ女子は神戸コレクションに集まります。

パリコレに代表される従来のファッション・ショーがセレブ向け&プレス向けであるのに対し、神戸コレクションなどは一般の女性が入場料を払って、ショーを見物します。

新作ファッションはもちろん、人気モデルやゲストの有名芸能人をながめるのも楽しみのひとつです。ランウェイでのショーの他にも多数の企業がブースを出展しています。

アパレル・美容関係をはじめ、オシャレ女子に関心をもってもらいたい企業がさまざまなプロモーションがおこなっています。

 ⇒ 神戸コレクション公式サイト

三宮コレクションはどんな感じ?

一方の三宮コレクションは「サンコレ」と略称されています。こちらも「リアル・クローズ」のファッションショーであることに変わりはありません。

大きなちがいは、無料で見られることです。なにせ、神戸三宮センター街(1丁目あたり)にレッドカーペットを敷いて、ファッションショーをやろうというんですから。

 ⇒ 三宮コレクション | エリアマップとタイムスケジュール公開☆

ハッキリ言って、神戸コレクションの便乗企画ではあるんですが、パリコレなども一定期間中にあちこちでショーがおこなわれるのですから、正しいあり方とも言えます。

三宮コレクションの売りは、モデルたちの着ている服がすぐ買えること。そばにあるVIBREや商店街の各ショップで売っているおすすめアイテムをもとにしたショーだからです。




三宮コレクションを見るときの注意点

ひとつだけ注意がいるのが、1日に3回あるステージのタイムスケジュール。公表されている時間は、出展企業のPRタイムが含まれています。ショーはその30分後ぐらいから。

じっさいにどんなショーだったのか、『SANNOMIYA COLLECTION 2017 S/S』の模様は、公式サイトにタップリ写真が載っています。

 ⇒ 三宮コレクション | ご来場、誠にありがとうございました!
 
 

インバウンド・ビジネスはOLの副業からIT産業にまで広がっている

大阪ミナミの戒橋。その昔、ひっかけ橋と呼ばれたナンパ・スポットは、いま外国人観光客であふれ返っている。グリコのマークをバックに両手を広げて写真撮影している。

周辺の道頓堀、心斎橋筋、黒門市場といったあたりは、いまや日本人の方が珍しいくらいだ。こうした観光客相手のいわゆるインバウンド・ビジネスに関心が集まっている。

爆買いの次のステージへ

もうけ話に敏感な人だと、インバウンド・ビジネスと聞いても「いまさら」と思うかもしれない。分野によってはたしかにそうだが、現在は新しいステージに突入している。

従来であれば、潤うのは「観光産業」と呼ばれる業種止まりであった。旅行会社、運輸業者、宿泊施設、名所旧跡、みやげ物屋、飲食店……あたり。その範囲が広がっている。

そもそも、流行語になった「爆買い」も、ウォシュレットや薬などそれまでの感覚からすれば、観光客向けとは思えないものが中心だった。爆買いじたいはもう沈静化している。

だからといって、中国人をはじめとする観光客じたいの日本への興味がなくなったわけではない。安定した産業へと成長しつつあるわけで、ビジネス方面にも変化が訪れている。

– PR –


流れに乗るとリスクは軽減される

したがって、いまさら心斎橋筋商店街にドラッグストアを出店しようとしても手遅れだ。その一方で、ニッチだけど確実にニーズにあるビジネスというのもある。

代表が規制緩和がおこなわれた「民泊」だ。OLあたりでも、ワンルーム・マンションを2部屋貸して、月7万くらいの収入を得ている。副業としてみれば、じゅうぶんだろう。

これなどは従来の不動産投資の応用である。したがって、物件さえ手に入れてしまえば、管理その他は業者が全部やってくれる。もちろん、借り手がなければ赤字だけど。

ビジネスである以上、リスクはつきものだ。ただ、流れに乗ることで、リスクは軽減される。ホテルが不足しているといっても、ホテル業は大投資、民泊なら個人でもって話。

– PR –


街が変わればPRの方法も変わる

もうひとつの流れがデジタル技術のインバウンドへの応用で、スマホ、タブレットは旅行者ももってくる。そこで、地図、翻訳、通訳などのニーズが生まれているのだ。

あるいは、看板業者。これまでなら「古い看板を新しくしましょう」ともちかけても相手にされなかったのが、「中国語表記を追加しましょう」と言えば、話を聞いてもらえる。

ビジネスというのは、ショボくれているところよりも、景気よさそうなところにもっていった方が話がまとまる。観光地に店があれば、イヤでも外国人の増大を感じる。

そうやって、街の景色が変われば、ビジネスも変わる。店と客、人と人とのコミュニケーションの方法も変化する。なにかのプロモーションするときは変化に注目しよう。

日本橋ストリートフェスタ◎コスプレパレード参加証500枚完売!撮影上の注意

大阪の「日本橋ストリートフェスタ」(ストフェス)は大規模なコスプレのお祭りイベント。東京・秋葉原とならぶオタクのメッカ=日本橋で毎年春分の日あたりに開催される。

13回目となる今年は3月19日(日)に決まったが、1ヵ月まえの段階でパレードの参加に必要な参加証が完売した。コスプレイヤーの盛況は確実、撮影の注意点を確認しておこう。

「日本橋コスプレ祭カメラ撮影参加証ストラップ」は当日現地でも手に入る

今回完売したのは、500名限定で販売されていた「コスプレパレード参加権付きのコスプレ祭参加証リストバンド」だ。これをつけていると、コスプレも撮影も両方できる。

日本橋コスプレ祭(パレード)への参加者受付が定員に達しただけで、コスプレイヤーを見たり、各所でイベントがおこなわれている日本橋界隈をブラつくのは、自由だ。

ただし、コスプレイヤーを撮影したい場合は、「撮影」での参加証が必要になる。パレード以外でも、撮影エリアが設定されているので、初心者でも参加しやすい。

コスプレをしない撮影のみの参加証は、当日でも現地購入できる。「日本橋コスプレ祭カメラ撮影参加証」というストラップで、見える位置への常時着用が義務づけられている。

パレードやコスプレイヤーの撮影可能タイムと注意事項

参加証を携帯しているからといって、コスプレイヤーがイヤがるような撮影はNGだ。ローアングル撮影や極端な接写などは当然禁止である。巡回スタッフもいる。

コスプレイヤーを撮りたいなら、コスプレイヤーに気持ちよくポーズしてもらうことが結果的にいい写真が撮れる。コスプレイヤーとコミュニケーションを撮ろう。

パレードを撮りたい場合、堺筋を南(恵比寿駅側)から北(日本橋駅側)への行進になる。スタート地点とゴール付近は規制がかかるので、ポジション取りは慎重に。

パレードが実施されるのは、12~15時の間、その他の撮影エリアは11~17時が撮影可能タイムとなっている。イベントの時間も含め、スケジューリングも重要だ。

日本橋ストリートフェスタ2017公式サイト情報

さらにくわしい情報を知りたければ、第13回日本橋ストリートフェスタ2017のサイトへどうぞ。

※この記事は日本橋ストリートフェスタ2017公式サイトの情報をもとに作成しています。

【関連記事】
ひめじSubかる☆フェスティバルが雨にも負けず盛り上がっているようす
コスプレイヤーと姫路城の写真を撮れる「ひめじSubかる☆フェスティバル」

バンドじゃないもん!が冬の西宮ガーデンズで野外イベント

再メジャー・デビューにより注目が集まっている女性6人組・バンドじゃないもん!が2017年1月14日(土)に、西宮ガーデンズにやってきました。


 (参照元:バンドじゃないもん!|「夏のOh!バイブス」特設サイト

「バンドじゃないもん!3rd&4thシングル同時発売記念フリーイベント」と題されたもの。4Fの「スカイガーデン 木の葉のステージ」(つまり、野外)に登場しました。




バンドじゃないもん!がミニライヴで新曲披露

「フリーイベント」と出されている通り、無料でも観られるミニライヴでしたが、いい席で見られるのは、CDを購入した人たちだけ。タダ見客は基本お尻しか見えません。

もっとも、パフォーマンスの流れで、タダ見客の方にも笑顔を見せてくれるメンバーでした。「バンもん」を知らない人たちも、楽曲やファンのコールを知る機会となりました。

サーヴィス精神タップリの甘夏ゆず


 (参照元:バンドじゃないもん!公式サイト | 2016年夏ビジュアル

ちなみに、フルメンバーは6名ですが、この日は、鈴姫みさこが欠席していました。恋汐りんご、七星ぐみ、望月みゆ、甘夏ゆず、大桃子サンライズの5名の顔見せです。

ファンは各メンバーが間近に見られてうれしかったでしょう。ミニライヴでは、シンセサイザー担当の「ゆずポン」こと甘夏ゆず(黄色)が客あしらいの上手さを見せました。

イベントで披露した新曲情報

 ⇒ YATTA! お年玉盤A
 
 
同時発売
再デビュー3rd(通算8th)
バンドじゃないもん!「YAKIMOCHI」
作詞/作曲:浜野謙太

再デビュー4rd(通算9th)
バンドじゃないもん!「YATTA!」
作詞:はっぱ隊/作曲:DANCE☆MAN ※カヴァー曲

ハンドメイドブームで『minne』のムック本も第3弾が登場

ハンドメイドマーケットの人気が上昇しています。minne(ミンネ)は手作りのアクセサリーやファッション、バッグ、インテリア家具などが購入できるサイトです。

その特徴はアマチュアのハンドメイド作家でも、販売ができることにあります。買う側にとっても、他では買えない1点モノの作品を購入できる楽しみがあります。

minne は国内No.1のハンドメイドマーケットだという自負のもと、ファンや初心者向けにムック本『minne HANDMADE LIFE BOOK』を出しています。そののvol.3 が出ました。

表紙を飾る女優・貫地谷しほりがminne に出品されているアイテムを身にまとう特集をはじめ、minne をもっと深く知るための記事で構成されています。

出品者側になりたい人たちに向けては、「サクセスストーリー」や「ママ作家座談会」「上手に撮影するコツ」「失敗しない配送方法」といった記事があります。

 『minne HANDMADE LIFE BOOK vol.3』⇒ 詳細はこちら

まこみなが渋谷ハロウィンに参戦

MixChannel(ミクチャ)発の双子ダンス動画で人気の「まこみな」は福島在住。最近は県外にも活動の場を広げ、渋谷の新名物となっているハロウィン・イベントにも出ました。


  (参照元:MixChannel | まこみなremix

10月30日にに登場。まこみなファンが拡大している背景には、ほぼ毎週自分たちでやっているツイキャスの番組がありますが、当日の模様をリアルタイムで配信したのです。




まこみなハロウィン登場

渋谷109まえハロウィン・ライヴ現場から配信。なんてのがスマホでできてしまう時代。まこみなの出番である19:10の直前、18:53~数分間の生中継。臨場感あふれる映像でした。

  (参照元:TwitCasting LIVE | 録画ライブ 渋谷集合だああああ!! #212448091

2人のハロウィン・コスプレは見ての通りですが、短い配信中でも、髪染めたという軽いボケ(じっさいはウィッグ)もあるところがまこみならしいノリですね。

まこみなハロウィン報告

ハロウィンの渋谷から福島にもどってきたまこみなは、11月2日に17:00~通常のフォーマットで(つまり、家から)ツイキャスを配信。ハロウィンの報告がありました。

  (参照元:TwitCasting LIVE | 録画ライブ ふぉぉぉぉぉ!!!!!! #213212079

最初はいつも通りのツイキャスで、中盤に渋谷のハロウィンがどうだったという報告。ハロウィン後の福島でのエピソード・トークがまこみならしくて、とても味がありました。




まこみなのアカウント紹介

 まこみなのミクチャやツイキャスを楽しみたい方は、以下のページでチェックしてください。

 MixChannel ⇒ まこみな
 TwitCasting LIVE ⇒ makoxmina(まこみな)さんのライブ
 
 
【関連記事】
 まこみなが復活だってよ

和装コスプレイヤーも知っておきたい刀剣女子向け入門書

コスプレの中でも、和装系で戦うキャラクターとなれば、刀は必須アイテムだろう。刀をもつということは、刀についての知識もたずさえていなければならない。

しかし、刀なんて日常的に目にするものではないし……というのは、昔の話。「刀剣女子」が増えたおかげで、刀に関する情報やイベントも増えている。

日本刀を通じて「日本」を知る

「歴女」なる言葉が流行してから、もう何年にもなる。引き続いて「刀剣女子」が登場した。コスプレイヤーと両刀の人もいるかもしれないが、「刀剣女子」の対象は本身だ。

「刀剣女子」は斬れば血の出る刀を何十万も出して購入する。あるいは、イベントに参加する。愛する対象にのめり込む姿はコスプレイヤーも共感できるものだろう。

刀や武具はもともと熱心なファンが存在する分野ではあったが、刀に夢中な女たちが新しい流れを作っている。「刀剣女子」を意識したイベントが増え、関連書籍も売れている。

日本刀はその名の通り、「日本」を語るのに欠かせないもの。少し知るだけでちょっとした場での話題にもなるから、「目貫」や「鎬地」ぐらいは覚えておきたい。

– PR –


「切羽詰まる」の語源も刀から

「刀剣女子」向けの書籍は、これから刀について知ろうという人にも読みやすい。歴史群像編集部による『図説 日本刀入門』も現在の流れに乗って出てきたムックである。

とりたてて女性向けの内容ではなく、初心者向きに親切なつくりになっている。オールカラーで巻頭の折り込みページ以下、名刀・国宝の図説がならんでいる。

「刀の構造と名称」といった基本も見開きでていねいに説明されており、
「おおー、これが切羽詰まるの切羽か」
など目でみてわかるようになっている。

見どころは「日本刀のできるまで」で、玉鋼(たまはがね)から総仕上げまで8ページも使って、写真とイラストでくわしく紹介されいている。

– PR –


読み物ページで土方歳三の刀の話も

こういうのを見ていると、なんか刀が欲しくなってきたーという人のために「刀の買い方」まで指南してくれる。購入後の手入れや鑑賞法まで載っているから、心配はいらない。

その他、刀剣の歴史(変遷史)や昔の人がどのように刀を身にまとっていたか、など。「楠木正成の愛刀・景光」や「土方歳三と和泉守兼定」といったストーリーの数々。

景光と兼定は、巻頭の図説でも取り上げられているから、あわせて読むとよくわかるという仕組み。これだけ目を通せば、だれでも、ひと通り刀について語れるようになる。

ありがたいのは、大判で紙質が軽い。美術工芸品などを扱った書籍は、重たくて読むのにたいへんなものもあるけど、気軽に手にとれる。値段も手ごろだ。
 
 
 『図説 日本刀入門』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
※こちらの原稿は、2015年10月の記事を改稿の上、再掲したものです。