●灘区●神戸まつり「第47回 六甲ファミリーまつり」【画像レポート】

Pocket

神戸市灘区で「第47回 六甲ファミリーまつり」が開催されました。区民パレードと王子競技場前広場のステージ(11:00~20:00)の一部を写真でレポートします。

このイベントは2017年の神戸まつり初日(5月20日)「各区のおまつり」の一環としておこなわれました。




区民パレードが王子競技場前広場に登場

六甲小学校をスタートし、水道筋などを更新してきたパレードが11時ごろ、会場に到着。灘区に拠点をおく婦人会や連合会がぞくそく現れ、アナウンスされました。

サンバチーム Escola De Samba KOBECCO(エスコラージ・サンバ神戸っ子)につづいて最後に登場したのは、畑原と上野のだんじり(地車)でした。ステージまえでパフォーマンスを披露したあと、会場内をねり歩きました。

子供たちが激しいダンスを披露

こうしたイベントで子供たちの演舞は珍しくありませんが、灘区の「六甲ファミリーまつり」は、ひときわその比率が高いように思われました。

神戸大学のちんどん屋も登場

通常の出し物とはべつに、神戸大学のちんどん屋サークルもきていました。独特の鳴り物で、会場内でチラシを配っています。7月2日におこなわれるイベントの宣伝でした。




3世代のファミリーがにぎやかにお祭りを満喫

親子連れ以外に、祖父母孫連れも目立ちました。大人の来場者に人気だったのはフリーマーケットで、熱心に掘り出し物をさがす姿が見られました。

もはや真夏と変わらぬ炎天下。会場には、あちこちテントがはられて、人工の日陰が作られ、水道水が(宣伝をかねて)配られるなどしていました。


 
 
【関連記事】
 ●兵庫区●神戸まつり「第47回 はっぴいひろば」【画像レポート】
 ●長田区●神戸まつり「第47回 長田フェスティバル」のベリーダンスと鉄人