Escola De Samba KOBECCOが神戸・東灘区の春のイベントでサンバ

Pocket

神戸に数あるサンバチームの中でも、人気の高い「Escola De Samba KOBECCO」が3月25日に開催された「第15回アーモンド並木と春の音楽会」(2017年)に出演しました。

そのときのようすを写真とともにお伝えします。




アーモンドの花を背景にKOBECCOがサンバを踊る

「アーモンド並木と春の音楽会」は東灘区にある建設局東水環境センター内「水辺の遊歩道・うおざき」一帯でステージイベント、模擬店、下水処理場見学などおこなわれます。

春を感じさせる野外で聴く音楽はホール演奏とはちがった風情があります。踊りのグループもたくさん出演していて、アクロバティックなダンスでは、歓声があがっていました。

KOBECCOファンの老婦人も

イベントのトリを務めたのが「Escola De Samba KOBECCO」のサンバ。ピンク色のアーモンドの花を背景に、華やかな衣装で登場し、楽しいサンバを披露しました。

毎年楽しみにしているファンも多いようで、踊りおえたメンバーに、
「ありがとう。また来年ね」
と声をかけている老婦人を見かけました。

Escola De Samba KOBECCOメンバーによるかわいいサンバ画像

それでは、サンバの写真をどうぞ。




【関連記事】
神戸まつり2017年日程詳細と見どころ◎サンバ教室もはじまるよ