夏祭りや野外イベントには日焼け止めスプレーを忘れずに

Pocket

日焼け止めを忘れて海に行く人はめったにいないでしょうが、夏のお祭りや野外イベントの場合、うっかり日焼け対策を忘れて、ひどい目にあっている人があとをたちません。

日が暮れてからの花火大会ならともかく、5~9月の日中、野外なら日焼け止めはマストです。おすすめの日焼け止めスプレーや日焼け止めクリーム、注意点などをまとめました。




日焼け止めスプレーとクリームどちらがいいの

最近は通勤、通学でも日傘を利用している女性などを見かけますが、夏のお祭りや野外イベントでは、日傘や帽子だけでは、もちません。必ず日焼け止めを使いましょう。

さて、日焼け止めはスプレータイプとクリーム(乳液)タイプに大きく分かれますが、どちがいいのでしょうか?

結論は、どちらでもいいです。

肌につけるつけるものですから、個人の好みや相性によって変わってきます。極端な敏感肌などの事情がないのであれば、どちらも使うのがいいかもしれません。

一般に、焼け止めスプレーの方が楽だし、手が汚れないという利点があります。手に届きにくいところにも使えます。一方で、なれないと、塗り残しの出る危険があります。

日焼け止めスプレーのおすすめ:ウォーターマジックUV

⇒ スキンアクア ウォーターマジックUV (SPF50 PA++++) 70g
 
 
こちらの焼け止めスプレーは『どこいこ』でも紹介されてましたね。やすよも「スプレーの方が楽」と言っていました。金色のボトルがインパクト大ですね。

ただし、「ご使用方法」を見てみると、「顔にご使用になる場合は、一度手のひらに出してから……」と注意書きがあります。塗り残しのないようにということですね。

日焼け止めクリームのおすすめ:スーパーモイスチャージェル(ポンプ)

⇒ スキンアクア スーパーモイスチャージェル ポンプ (SPF50+ PA++++) 140g
 
 
しかし、いったん手のひらに出すなら、日焼け止めクリームとおなじです。はじめに、しっかり日焼け対策するのにはクリームを使って、スプレーと併用するのがいいでしょう。

こちらの日焼け止めクリームは上の焼け止めスプレーを作っているロート製薬のスキンアクアのシリーズですね。併用する場合は、おなじブランドの方が安心かもしれません。

日焼け止めスプレーとクリームの使い方

⇒ KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー フレッシュシトラス SPF50+ PA++++ 50g
 
 
日焼け止めスプレーやクリームは出かけるまえに1回塗っておわりではありません。とくに、汗で流れたら、こまめにスプレーし、何度かに1度はしっかり塗り込みましょう。

最近は日焼け止め効果だけではなく、爽快感や香りがプラスされる商品もあります。現地での、汗でじとっとした感じをふりはらうには、そういうタイプがいいかもしれません。




日焼け止めスプレーのSPFは50+の一択

日焼け止めスプレーやクリームには「SPF」表示があります。これは日差しのガード力の目安で、現在最強の「SPF50+」「SPF50」を選びましょう。数字が小さいのは日焼け用です。

日焼け対策には、日焼け止めスプレーやクリーム以外にもいろいろありますが、女優さんともなると、ここまでするそうです。まあ、半分は遊び心なんでしょうけど。

⇒ 衝撃の日焼け対策!これが貫地谷しほり愛用の忍者パーカーだっ