キスシーンでおぼれた貫地谷しほりも出演の『ハムレット』TV放映

6月24日に公開された映画『結婚』初日に角川シネマ新宿や109シネマズ二子玉川で舞台挨拶がおこなわれ、西谷真一監督や主演のディーン・フジオカ他の出演者が登場しました。

ユニークなコメントがしょちゅう話題になる貫地谷しほりは、ファンのうらやむキスシーンが当日、直前のオーダーだったと監督へのクレーム調で裏側を語りました。




「あのシーンは雨に打たれているのに、ディーンさんは背が高いから私の口にえらい水が入ってくるんですよ。おぼれそうでしたね」

笑い話にしてしまう能力はさすがですね。

そんな貫地谷しほりがオフィーリア役を演じた舞台『ハムレット』がNHK BSで放映されます(関西では、GWに兵庫県立芸術文化センターでやってたやつですね)。




演出・ジョン・ケアード。主演のハムレットは2016年の大河で徳川家康を演じていた内野聖陽。貫地谷しほりは今年の大河『直虎』にも出ています。

7月3日(2日、日曜深夜)0時~です。
 
 
【関連記事】
 ハンドメイドブームで『minne』のムック本も第3弾が登場

江口寿史のイラストが無料で堪能できる専用アカウント

イラストレーターとしても人気のあるマンガ家・江口寿史。2016年には、これまでの画業をまとめた展覧会が全国規模で巡回しました(関西は夏の京都でした)。

それが一段落すると、2017年3月からインスタグラムでイラスト専用アカウントを開設。画集に入っている作品も含めて、無料で披露しています。

Dec.2016 #illustlation #artwork #bandedessinee #comicart #realwineguide

江口寿史 EGUCHI HISASHIさん(@eguchiworks)がシェアした投稿 –




これらの試みは、昔からのファンはもちろん、新しい世代にも強くアピールしています。インスタのアプリがあれば、「美少女」をスマホでもち歩けるというのがいいですね。

 ⇒ 江口寿史のイラスト専用アカウント





 
 
【関連記事】
 江口寿史コラボTシャツ予約受付開始も即終了!増刷予定

まこみなが渋谷ハロウィンに参戦

MixChannel(ミクチャ)発の双子ダンス動画で人気の「まこみな」は福島在住。最近は県外にも活動の場を広げ、渋谷の新名物となっているハロウィン・イベントにも出ました。


  (参照元:MixChannel | まこみなremix

10月30日にに登場。まこみなファンが拡大している背景には、ほぼ毎週自分たちでやっているツイキャスの番組がありますが、当日の模様をリアルタイムで配信したのです。




まこみなハロウィン登場

渋谷109まえハロウィン・ライヴ現場から配信。なんてのがスマホでできてしまう時代。まこみなの出番である19:10の直前、18:53~数分間の生中継。臨場感あふれる映像でした。

  (参照元:TwitCasting LIVE | 録画ライブ 渋谷集合だああああ!! #212448091

2人のハロウィン・コスプレは見ての通りですが、短い配信中でも、髪染めたという軽いボケ(じっさいはウィッグ)もあるところがまこみならしいノリですね。

まこみなハロウィン報告

ハロウィンの渋谷から福島にもどってきたまこみなは、11月2日に17:00~通常のフォーマットで(つまり、家から)ツイキャスを配信。ハロウィンの報告がありました。

  (参照元:TwitCasting LIVE | 録画ライブ ふぉぉぉぉぉ!!!!!! #213212079

最初はいつも通りのツイキャスで、中盤に渋谷のハロウィンがどうだったという報告。ハロウィン後の福島でのエピソード・トークがまこみならしくて、とても味がありました。




まこみなのアカウント紹介

 まこみなのミクチャやツイキャスを楽しみたい方は、以下のページでチェックしてください。

 MixChannel ⇒ まこみな
 TwitCasting LIVE ⇒ makoxmina(まこみな)さんのライブ
 
 
【関連記事】
 まこみなが復活だってよ

元祖コスプレシンガー・戸川純の巫女からセクサロイドまで

歌手で女優でもある戸川純はいまも根強い人気を誇る。さらに新しいファンも開拓しつづけている。その変幻自在の個性は、コスプレイヤーを先取りしてたとも言える。

戸川純の魅力をまだじゅうぶんに知らない人のために、歌手活動とコスプレ的個性の関係を中心にたどってみた。

– PR –


歌手で女優でもある戸川純はいまも根強い人気を誇る。さらに新しいファンも開拓しつづけている。その変幻自在の個性は、コスプレイヤーを先取りしてたとも言える。

戸川純の魅力をまだじゅうぶんに知らない人のために、歌手活動とコスプレ的個性の関係を中心にたどってみた。

映像作品『玉姫伝』が話題となった戸川純

1961年3月31日生まれ、東京都新宿区出身。

ニューウェーヴ喫茶「ナイロン100%」の歌姫と呼ばれていた戸川純は1982年6月にゲルニカの一員として『改造への躍動』でデビュー。

ちなみに、女優としての初レギュラーも同年。

特定のアニメなどの衣装ではないが、レトロな雰囲気を完璧に再現するアートワークは、コスプレのノリを先取りしていたと言える。

その後、1984年1月に戸川純名義でソロ・デビュー。女性の生理を題材にした「玉姫様」の歌詞とライヴを含む映像作品『玉姫伝』が話題となり、ワイドショーで取り上げられた。

 戸川純『玉姫伝』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
この『玉姫伝』こそ戸川純の真骨頂で、「諦念プシガンガ」の巫女の衣装や「電車でGO!」のランドセルを背負った(世間的にはロリータ扱いされた)姿はくり返しTVで流れた。

コスプレイヤーならきっとハマる戸川純のパフォーマンス

これ以降の音楽活動はバンド「ヤプーズ」とともにおこなうことが多くなる。戸川純とヤプーズ名義のライヴ『TOUR-LIVE’85~’86』で見られる自作のセーラー服風衣装がかわいい。

 戸川純とヤプーズ『TOUR-LIVE’85~’86』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
さらにミュージック・ビデオでは、映画007シリーズのスパイ・テイストやレプリカントと化す「バーバラ・セクサロイド」など音楽作品ベースのコスプレが活発化する。

戸川純のファンには、サブカル少女やオタクとならんで、クリエイターが多い。歌手活動もする声優のみやむー(宮村優子)には何度も楽曲提供をしている。

– PR –


戸川純の映像は正直、動画投稿サイトの類にもあふれているが、圧巻のパフォーマンスは正規作品の高画質高音質で見たい。コスプレ心をもっているなら、きっとハマるはずだ。
 
 

「私は平沢進だぞ。平沢唯じゃない」でフォロワー1万人増!Twitterでメシを食う男

 学校の教科書にはぜったい載らないような偉人を気分が乗らないときには紹介しないこのコーナー。第1回は平沢進(偉人なので呼び捨て~面識ないし)。

 1979年、P-MODELでメジャー・デビュー。

 1989年、平成元年に『時空の水』でソロ・デビュー。

 2009年、Twitterでのつぶやきが話題に。

 ⇒ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯
 
 
 ⇒ ニコニコ大百科の記事

 ⇒ ASCII.jp | まなめの「週刊Twitterなう!」 ― 第17回(2009年11月04日)

 ⇒ ASCII.jp | 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第10回(2009年12月16日)

 もともと、アニメ関連に楽曲が使用されることが多く、昔のファンしかいない同年代のミュージシャンとはちがい、ライヴでも若い世代の動員が中心だった平沢進。

「私は平沢進だぞ。平沢唯じゃない」

 のつぶやきひとつで、Twitterのフォロワーが3280人から13180人まで急増させた。いまやテクノ~ニューウェーヴ時代のヒラサワを知らず、ツイートのファンとなっている若者が多数。Yahoo!知恵袋でも、

「平沢進さんのおすすめの曲教えてください」

 みたいな質問があふれ、古いファンから見るとピントのズレたベストアンサーに埋め尽くされている。

 アニメの曲を聴きたいやつは知らんが、平沢進のソロなら、まずはこのタービン・コスプレのアルバムからだぞ。

   平沢進『サイエンスの幽霊』 ⇒ 詳細はこちら

– PR –



 
 
 一方、平沢進から「馬の骨」呼ばわりされるフォロワーは増えつづけ、
「2万骨を超えたら……」
 なんてつぶやいてたのも遠い昔。いまやフォロワーは9万人を突破。

 あいもかわらず、自身を「ステルスメジャー」などと呼び、門外漢には「ワケのわからない」つぶやきをつづけている。

 ただ、これだけは知っておいて欲しい。平沢進はもともと「メジャー」と言われる音楽業界の体質に疑問を抱き、早い段階からネットで自作曲の無料配信などをしていた。21世紀に入ってからは、ファンとの直接取引で生計を立てている(らしい)。

– PR –



 
 
 股混同!!