真木よう子のツイッターが賛辞から炎上に変じた理由:コミケ参加辞退へ

女優・真木よう子が主演ドラマ『セシルのもくろみ』PRのためはじめたツイッターが当初、神対応との評判を得ていたのに、一転、炎上~アカウント閉鎖へと追い込まれました。


(参照元:セシルのもくろみ – オフィシャルサイト | 最終回告知動画

この事態は、8月26日のヤフーニュースで流れたあと、週刊文春でも報じられました。「コミケ」参加者を巻き込んだ炎上がどうして起きたのか、あらためて検証します。




神対応と言われていた真木よう子のツイッター

今回、真木よう子のツイッターが炎上する直接のきっかけとなったのは、冬コミ(2017年12月開催のコミックマーケット)への参加表明です。それが反発を買ってしまいました。

原因のひとつとして考えられるのは、そもそも、真木よう子のSNS歴が浅かったことです。真木よう子が『セシルのもくろみ』を機にアカウントを開設したのは、6月でした。

当初は、不慣れさが幸いしたのか、「男前」と言われることも多い真木よう子の性格もあって、ファンのコメントにもていねいにリプライし、神対応と言われました。

炎上の火がついたのは、8月25日の冬コミC93参加表明ツイートです。「フォトマガジンを販売する」にあたって、資金をクラウドファンディングで集めると公表しました。

真木よう子フォトマガジン販売計画の失敗

コミケ(コミケット)は世界最大規模の同人誌即売会とされ、自費出版がタテマエです。それなのに、(ファンから)資金を募るとはなにごとか、という批判でした。

じっさいには、クラウドファンディングじたいは、コミケのルールに抵触しないと考えられています。文春を出している文藝春秋など商業出版社が参加できないだけです。

サークル活動として参加するなら(抽選はありますが)、プロのマンガ家だろうと芸能人だろうと関係ありません。夏コミC92で叶姉妹が絶賛されたのは記憶に新しいところです。

というか、叶姉妹の成功を受けての真木よう子フォトマガジン販売計画だったと思います。同人誌周辺のいわゆるオタクの人たちが反発したのは、その姿勢の部分でした。




叶姉妹にあって真木よう子に欠けていたもの

計画が真木よう子発信だったのか、スタッフが2匹目のドジョウをねらって吹き込んだのか知りませんが、クラウドファンディングとなると、スタッフが関係しているのは明らか。

つまり、この計画を進めたブレーンのミスです。真木よう子サイドが「自分のファンと接する」商用目的でコミケを利用しようとしているとオタクたちに見られてしまいました。

コミケという場と文化を築いてきた同人誌の作り手やファン、関係者への敬意(参加させてくださいね、という姿勢)を欠いていました。そこを注意しなかったまわりが悪い。

これまで女優として玄人筋の評価が高いものの、一般的な人気はいまひとつだった真木よう子。ドラマも企画に問題があり低視聴率とつくづくスタッフに恵まれない人です。
 
 
【関連記事】
 コミケC92人気美人コスプレイヤー画像【1日目】

貫地谷しほりがLINE LIVE初登場!『望郷』で共演の大東駿介とロング・トーク

女優の貫地谷しほりが主演映画『望郷』のPRを兼ねて、LINE LIVE(ラインライブ)の「さしめし」に登場しました。共演した大東駿介と計1時間半近い2人っきりのトークです。


 (参照元:映画「望郷」公式サイト

配信されたのは、新宿武蔵野館で『望郷』の完成披露上映があった8月22日の夜。舞台挨拶に登壇したあと、20時~生配信をスタート。アーカイヴで見られますので、紹介します。




#さしめし375 貫地谷しほり・大東駿介(前半生配信!)

前半は移動中のクルマからの生配信でした。「さしめし」ということで、MCなどの入らない2人っきりのトークです。MCを兼ねるのは、貫地谷しほり。さすがの安定感です。


 
 
そして、「安定感がある」とよく言われるけど、イヤだという話や大東駿介が年下だと思っていたという話など、TVの短いトークでは聞けないような話も次々出てきます。

貫地谷しほりと大東駿介は、ラジオドラマなども含めて、今回で5度目の共演とか。「仲良し」「(大東駿介の)関西弁やばい」といったコメントが流れました。

大東駿介は対人恐怖症だったのが、いまやすっかり人が変わり、「さしめし」中も現在地がマップ表示されると、見ている人にクルマに乗ってきてもいいよと呼びかけるしまつ。

#さしめし376 貫地谷しほり・大東駿介(後半回!)

後半は翌日の21時から配信されましたが、残念ながら、生ではありませんでした。「さしめし」ということで、チーズフォンデュを食べながら、質問に答えるなどしました。

とうぜん、映画『望郷』(監督:菊池健雄)の話も。湊かなえ原作のミステリで、短編2つが土台になっています。「ふるさと」を感じさせてくれる内容だとか。




映画『望郷』は貫地谷しほりと大東駿介のW主演

貫地谷しほりはブルーリボン賞を獲った『くちづけ』(2013)以来の主演です。湊かなえ作品は『白ゆき姫殺人事件』(2014)にも谷村夕子役で出ていますね。

映画『望郷』は9月公開ですが、拡大上映という形で11月まで。地域によって上映時期が異なります。たとえば、大阪は「テアトル梅田」で9月30日(土)から。

劇場情報は『望郷』の公式サイトで。

 ⇒ 望郷
 
 
【関連記事】
 キスシーンでおぼれた貫地谷しほりも出演の『ハムレット』TV放映
 ハンドメイドブームで『minne』のムック本も第3弾が登場

神戸まつり2017沿道とは逆側から撮った指原莉乃の珍しい写真3枚

神戸まつりのスペシャル・ゲストとして指原莉乃が「神戸開港150年パレード」に参加しました。先頭のオープンカーに偉いさんと同乗し、大勢の見物客の中を進んでいきました。

スタート地点では、オープンカーは左側車線にいました。指原莉乃は右側のシートにすわっていたのですが、近い側から撮った珍しい写真を3枚掲載します。




出発前おすまし顔だった神戸まつりの指原莉乃

トップに載せた写真は、オープンカーが走り出す直前の「待ち」の表情ですね。

沿道のファンに手をふる指原莉乃

手をふっているときは、ポニーテールがこっちに向きます。

なにかを見つめる神戸まつりの指原莉乃

ファンに向けた公式の笑顔ではなく、個人としての感情が表情に出た瞬間です。




笑顔の指原莉乃が見たければ

いつもの笑顔で手をふる指原莉乃が見たければ、「神戸まつり 指原莉乃」で検索してください。よその記事に出ています。
 
 
※このページの写真は、イベント主催者にプレス登録した報道機関(記者)が撮影&掲載しているものです。画像は閲覧のみでお願いします。コピーや無断配布は厳禁です。

●主催者:神戸市民祭協会
 
 

まこみなが復活だってよ

双子ダンス動画で人気に火がつき、写真集や歌も発売したニュータイプ・アイドル(新種の動物)の「まこみな」が約半年ぶりに活動を再開……というアナウンスがありました。

福島の現役女子高生として有名になった2人は卒業後、上京。CD発売やリリース・イベントなどをこなしたあと、2016年12月より「冬休み」状態でした。

5月7日、遊び的なツイート連投後、自分たちのアメブロの記事および『モデルプレス』他で取り上げられた「活動再開」の記事をリツイートする形で、ファンに告知したのです。

YouTubeでのネタバラシ動画も投稿されましたたが、正式復活は5月14日(日)のLINE LIVEの公開生番組への出演ということになりそうです。

↓公開したことない動画↓


(参照元:まこみなオフィシャルブログ 2017-05-10)
 
 
【関連記事】
 まこみなが渋谷ハロウィンに参戦

ニコニコ超会議2017グラビアアイドルがSANYOブースに登場

ニコニコ超会議2017のSANYOブースはグラビアアイドルが2日間(4月29~30日)にわたって交代で登場しました。初日のようすを画像で紹介します(撮影場所:千葉市@幕張メッセ)。

川崎あや×清水あいり×犬童美乃梨×葉月あやのうち、セクシーなゴールドビキニ姿を写真に収めることができたのは下の2人。「くびれスト」と「ほんわかHカップ」です。




ニコニコ超会議2017グラビアアイドル:川崎あや画像

川崎あやさんは『プルーン・プレス』の撮影のためだけに手をふってくれました。「くびれスト」と称するだけあって、さすがに抜群のスタイルですね。




ニコニコ超会議2017グラビアアイドル:清水あいり画像

清水あいりさんが手にしているのは、撮影用のCCDカメラ。中継のための自撮りです。惜しげもなく、自慢のHカップのバストの谷間をドアップでサービスしていました。


 
 
【関連記事】
 ニコニコ超会議2017最もセクシーなキャンギャルがいたブースは?
 ニコニコ超会議2017かわいいコスプレイヤー画像4月29日
 ニコニコ超会議2017人気のコスプレイヤー画像4月30日

バンドじゃないもん!が冬の西宮ガーデンズで野外イベント

再メジャー・デビューにより注目が集まっている女性6人組・バンドじゃないもん!が2017年1月14日(土)に、西宮ガーデンズにやってきました。


 (参照元:バンドじゃないもん!|「夏のOh!バイブス」特設サイト

「バンドじゃないもん!3rd&4thシングル同時発売記念フリーイベント」と題されたもの。4Fの「スカイガーデン 木の葉のステージ」(つまり、野外)に登場しました。




バンドじゃないもん!がミニライヴで新曲披露

「フリーイベント」と出されている通り、無料でも観られるミニライヴでしたが、いい席で見られるのは、CDを購入した人たちだけ。タダ見客は基本お尻しか見えません。

もっとも、パフォーマンスの流れで、タダ見客の方にも笑顔を見せてくれるメンバーでした。「バンもん」を知らない人たちも、楽曲やファンのコールを知る機会となりました。

サーヴィス精神タップリの甘夏ゆず


 (参照元:バンドじゃないもん!公式サイト | 2016年夏ビジュアル

ちなみに、フルメンバーは6名ですが、この日は、鈴姫みさこが欠席していました。恋汐りんご、七星ぐみ、望月みゆ、甘夏ゆず、大桃子サンライズの5名の顔見せです。

ファンは各メンバーが間近に見られてうれしかったでしょう。ミニライヴでは、シンセサイザー担当の「ゆずポン」こと甘夏ゆず(黄色)が客あしらいの上手さを見せました。

イベントで披露した新曲情報

 ⇒ YATTA! お年玉盤A
 
 
同時発売
再デビュー3rd(通算8th)
バンドじゃないもん!「YAKIMOCHI」
作詞/作曲:浜野謙太

再デビュー4rd(通算9th)
バンドじゃないもん!「YATTA!」
作詞:はっぱ隊/作曲:DANCE☆MAN ※カヴァー曲