赤ワインで家飲み&ホームパーティーにおすすめ安いのにおいしい銘柄Best 4

赤ワインを楽しむ人が日本人にも増えました。でも、どの銘柄がいいか迷う人も多いようです。家飲みやホームパーティーにおすすめの赤ワイン4本を選んでみました。

キーワードは「安い」値段で「おいしい」赤ワイン。近所のスーパーやネット通販で買えるものばかりです。選び方のコツも紹介しますので、好みの1本を見つけてください。




赤ワインの価格の目安と選び方

ワイン通と呼ばれるような人たちは、家飲み用赤ワインを買うときには、1本(750ml)3000円以上のものを買えと言います。これは飲食店で飲めば、1万円以上するワインです。

ハッキリ言って、そういうものは、高級取りでウンチクを語るのが好きなオッサン向けのワインです。一般の人には、記念日でもないかぎりおすすめできません。

日常的に購入するワインだと、1000~1500円ぐらいで買いたいというのが一般的な感覚ではないでしょうか。ちょっと奮発して2000円+消費税ぐらい。

まあ、500円以下で買えるワインもありますが、それはさすがに料理酒レベルです。ワインは保存状態で味が変わりますから、できるだけワインが売れてそうな店で買いましょう。

赤ワインおすすめ(1) コノスル カベルネソーヴィニヨン ヴァラエタル


 
 
 ⇒ コノスル Cono Sur カベルネソーヴィニヨン ヴァラエタル
 
 
安くておいしいワインを選ぶには、好きなぶどうの品種を見つけましょう。「それほどくわしくないけど、ワイン好き」という人たちに人気なのが、カベルネソーヴィニヨン。

品種がおなじだって、銘柄や製法がちがえば味は変わります。しかし、系統はいっしょですから、未知の銘柄にチャレンジするとき、品種を手がかりにすると、失敗は減ります。

ぶどうの品種がおいしさのカギだとすれば、値段のカギに握るのが生産国。圧倒的にコスパ(コストパフォーマンス)が高いのは、ニューワールドの中でもチリ産のワインです。

中でも「安いし、おいしい」と人気なのが、自転車の描かれたラベルで有名なコノスルです。フルボディといっても酸味が強めですが、スーパーで800円前後と家飲みに手頃。

赤ワインおすすめ(2) カッシェロ・デル・ディアブロ


 
 
 ⇒ コンチャ イ トロ カッシェロ デル ディアブロ カベルネソーヴィニヨン 750ml
 
 
おなじチリのカベルネソーヴィニヨンでも、もう少し予算があるなら、「コンチャ・イ・トロ カッシェロ デル ディアブロ カベルネソーヴィニヨン」がおすすめです。

あまりのおいしさから盗み飲みが絶えなかったため、「この蔵には悪魔が棲んでいる」という噂を流したという有名な伝説がその名の由来。飲みやすいフルボディです。

赤ワインおすすめ(3) トーレス サングレ・デ・トロ


 
 
 ⇒ トーレス Torres サングレ・デ・トロ レッド
 
 
ワイン生産国というと、フランスやイタリアが浮かびますが、スペインもヨーロッパの主要なワイン産地です。闘牛士の国らしく、トーレスは牛をトレードマークにしています。

このトーレスのサングレ・デ・トロは、ブドウの品種としてガルナッチャ(フランス語だと、グルナッシュ)を使用しています。初心者にも飲みやすいワインです。

赤ワインおすすめ(4) カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ


 
 
 ⇒ カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
 
 
この赤ワインは有名なので、名前を聞いたことがあるかもしれません。カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォは、日本のマンガ『神の雫』で知られました。

ホームパーティーなど、とくにお呼ばれして手土産にもっていくなら、どんなにおいしくても、800円のワインは気が引けます。となると、2000円前後あたりが候補になります。

『神の雫』の中で、このワインは数倍の値段のワインに匹敵する味と称賛されています。赤ワインの味は「濃い」「薄い」で表現されますが、これは「濃い赤ワイン」です。

ボトルデザインもイタリアらしく、黒でオシャレですから、手土産に向いています。フツーのスーパーにはおいてないかもしれませんが、輸入食材店にはあるはずです。




さらに自分好みの赤ワインを見つけるには

 ⇒ フランスボルドー 赤ワイン 飲み比べ 6本セット

赤ワインを飲みなれて、ある程度、自分の好みがわかってきたら、もっといろいろなワインにチャレンジしてみましょう。試飲のできるワイン・コーナーも増えました。

ネット通販なら、セット販売もあります。1本あたりの購入金額が割安になるのですね。正直、当たりハズレがありますが、家族や友人とわいわい品評するのも楽しいものです。
 
 

dios夏祭り2017の歌と演奏と踊り!チアダンスやベリーダンス【画像レポート】

dios(ディオス)北千里(吹田市)恒例のイベント「dios夏祭り」が2017年8月26日~27日の日程で開催されました。初日のステージのようすを画像を交えてレポートします。


 
 
※このページの写真は、イベント主催者に取材&撮影許可を受けた記者が掲載しているものです。画像は閲覧のみでお願いします。コピーや無断配布は厳禁です。




●主催者:千里北センター株式会社

dios夏祭り2017は市長も飛び入り

「dios夏祭り」は産直市や緑日、体験などもありますが、ここではステージの模様を。2部構成で出演者は各2回ステージを務める形でした(プログラムを変える団体も)。

1部では、買い物にきていた市長も飛び入り。「もう『ニュー』タウンではないですね」と人口も直近で2万人増え、住民の定着にイベントが貢献しているとコメントしていました。

チアダンス:ガンバ大阪

トップバッターはガンバ大阪。イベントを知らずにきた買い物の足を止めさせ、人々を集める力はさすが。自前のMCで観客を参加させ、踊りまくっていました。

ダンスと歌:チェリーエンジェル

つづいては、チェリーエンジェル。Flower(E-Girls)をはじめ、USJのダンサーなどプロを輩出している名門です。18才ソロシンガーによる歌のコーナーも。

ディオス ミュージックライブ

音楽ライヴのコーナーは、北摂を地盤に活動する女性シンガーソングライター・新菜ひかりや3人組のPsalmなどが登場。

コーナーのトリを務めた神戸のアカペラ・グループ「the XAVYELLS」(ザビエルズ)は1部で女子学生の観客たくさん集めて盛り上げていました。

このあとは学生枠のパフォーマンスです。




山田高校ダンス部

制服姿の女子高生が大勢登場して「恋するフォーチュンクッキー」などをBGMに群舞。

大阪大学西アフリカドラム&ダンスサークル タリベ

メロディを奏でる木琴風の楽器が不思議な響き。王を称える歌がアップテンポというのがアフリカらしい。子供たちも打楽器のしぐさをマネてノリノリでした。

大阪大学マイケル・ジャクソンダンスサークル

サークル結成のきっかけがマイケル・ジャクソンの死(2009年)というのが時代ですね。

大阪大学ジャズ研究会

テナーサックス、トロンボーン、ピアノフォルテ、(ベース、ドラムス、ヴァイオリンのコンボジャズ。「はじめて、こんなステキなステージで演奏させてもらった」とのこと。

1部の学生枠~2部のここまでを見せてもらったのですが、ジャズは少し日が暮れてきたあたりの方が風情がありますね。

関西大学ベリーダンスサークル Belly Divas

ここからは「ベリーダンス・コーナー」という扱いで、全体のトリを飾りました。まずは関西大学ベリーダンスサークル「Belly Divas」から4人のダンサーが登場。

大阪大学ベリーダンスサークル Halaawaat

つづいて、阪大のベリーダンスサークル「Halaawaat」の2人がベリーダンスを披露しました。

最後は、Belly DivasもHalaawaatに合流して、両ベリーダンスサークルによるコラボもありました。関大阪大の各学園祭では見られないdios夏祭りならではの出し物でした。

まとめ

こういうステージと客席が近いイベントは「おっ、カッコええやん」なんて、おばちゃんの声が聞こえてきたりして、それが楽しさを増加させます。
 
 
【関連記事】
 神戸まつり2017のパレードにAKB48やMYNAMEが登場
 池田サンバ ポポ・ズーダが奈良のイベントに登場
 住吉祭の昼のようすと住吉大社のカモ
 
 

貫地谷しほりがLINE LIVE初登場!『望郷』で共演の大東駿介とロング・トーク

女優の貫地谷しほりが主演映画『望郷』のPRを兼ねて、LINE LIVE(ラインライブ)の「さしめし」に登場しました。共演した大東駿介と計1時間半近い2人っきりのトークです。


 (参照元:映画「望郷」公式サイト

配信されたのは、新宿武蔵野館で『望郷』の完成披露上映があった8月22日の夜。舞台挨拶に登壇したあと、20時~生配信をスタート。アーカイヴで見られますので、紹介します。




#さしめし375 貫地谷しほり・大東駿介(前半生配信!)

前半は移動中のクルマからの生配信でした。「さしめし」ということで、MCなどの入らない2人っきりのトークです。MCを兼ねるのは、貫地谷しほり。さすがの安定感です。


 
 
そして、「安定感がある」とよく言われるけど、イヤだという話や大東駿介が年下だと思っていたという話など、TVの短いトークでは聞けないような話も次々出てきます。

貫地谷しほりと大東駿介は、ラジオドラマなども含めて、今回で5度目の共演とか。「仲良し」「(大東駿介の)関西弁やばい」といったコメントが流れました。

大東駿介は対人恐怖症だったのが、いまやすっかり人が変わり、「さしめし」中も現在地がマップ表示されると、見ている人にクルマに乗ってきてもいいよと呼びかけるしまつ。

#さしめし376 貫地谷しほり・大東駿介(後半回!)

後半は翌日の21時から配信されましたが、残念ながら、生ではありませんでした。「さしめし」ということで、チーズフォンデュを食べながら、質問に答えるなどしました。

とうぜん、映画『望郷』(監督:菊池健雄)の話も。湊かなえ原作のミステリで、短編2つが土台になっています。「ふるさと」を感じさせてくれる内容だとか。




映画『望郷』は貫地谷しほりと大東駿介のW主演

貫地谷しほりはブルーリボン賞を獲った『くちづけ』(2013)以来の主演です。湊かなえ作品は『白ゆき姫殺人事件』(2014)にも谷村夕子役で出ていますね。

映画『望郷』は9月公開ですが、拡大上映という形で11月まで。地域によって上映時期が異なります。たとえば、大阪は「テアトル梅田」で9月30日(土)から。

劇場情報は『望郷』の公式サイトで。

 ⇒ 望郷
 
 
【関連記事】
 キスシーンでおぼれた貫地谷しほりも出演の『ハムレット』TV放映
 ハンドメイドブームで『minne』のムック本も第3弾が登場

奈良の鹿に心が安らぐ夏

奈良と言えば、鹿。大仏さんとならぶ観光資源ですね。もとは春日大社のお使いとして大切にされてきました。




鹿まで数分の奈良駅

鹿を見るだけなら、春日大社まで行かなくても、奈良駅から数分歩いたところにいます。ちなみに、案内板によると、春日大社までは1.7km、大仏殿までは1.4kmだそうです。




公園で鹿とのんびり

「鹿政談」という落語がありますが、昔は鹿を殺してしまうと、たいへんなことになりました。

 
 
【関連記事】
 池田サンバ ポポ・ズーダが奈良のイベントに登場