和装コスプレイヤーも知っておきたい刀剣女子向け入門書

コスプレの中でも、和装系で戦うキャラクターとなれば、刀は必須アイテムだろう。刀をもつということは、刀についての知識もたずさえていなければならない。

しかし、刀なんて日常的に目にするものではないし……というのは、昔の話。「刀剣女子」が増えたおかげで、刀に関する情報やイベントも増えている。

日本刀を通じて「日本」を知る

「歴女」なる言葉が流行してから、もう何年にもなる。引き続いて「刀剣女子」が登場した。コスプレイヤーと両刀の人もいるかもしれないが、「刀剣女子」の対象は本身だ。

「刀剣女子」は斬れば血の出る刀を何十万も出して購入する。あるいは、イベントに参加する。愛する対象にのめり込む姿はコスプレイヤーも共感できるものだろう。

刀や武具はもともと熱心なファンが存在する分野ではあったが、刀に夢中な女たちが新しい流れを作っている。「刀剣女子」を意識したイベントが増え、関連書籍も売れている。

日本刀はその名の通り、「日本」を語るのに欠かせないもの。少し知るだけでちょっとした場での話題にもなるから、「目貫」や「鎬地」ぐらいは覚えておきたい。

– PR –


「切羽詰まる」の語源も刀から

「刀剣女子」向けの書籍は、これから刀について知ろうという人にも読みやすい。歴史群像編集部による『図説 日本刀入門』も現在の流れに乗って出てきたムックである。

とりたてて女性向けの内容ではなく、初心者向きに親切なつくりになっている。オールカラーで巻頭の折り込みページ以下、名刀・国宝の図説がならんでいる。

「刀の構造と名称」といった基本も見開きでていねいに説明されており、
「おおー、これが切羽詰まるの切羽か」
など目でみてわかるようになっている。

見どころは「日本刀のできるまで」で、玉鋼(たまはがね)から総仕上げまで8ページも使って、写真とイラストでくわしく紹介されいている。

– PR –


読み物ページで土方歳三の刀の話も

こういうのを見ていると、なんか刀が欲しくなってきたーという人のために「刀の買い方」まで指南してくれる。購入後の手入れや鑑賞法まで載っているから、心配はいらない。

その他、刀剣の歴史(変遷史)や昔の人がどのように刀を身にまとっていたか、など。「楠木正成の愛刀・景光」や「土方歳三と和泉守兼定」といったストーリーの数々。

景光と兼定は、巻頭の図説でも取り上げられているから、あわせて読むとよくわかるという仕組み。これだけ目を通せば、だれでも、ひと通り刀について語れるようになる。

ありがたいのは、大判で紙質が軽い。美術工芸品などを扱った書籍は、重たくて読むのにたいへんなものもあるけど、気軽に手にとれる。値段も手ごろだ。
 
 
 『図説 日本刀入門』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
※こちらの原稿は、2015年10月の記事を改稿の上、再掲したものです。

フェイスブックの記事が30万人以上に閲覧された理由

2015年夏、例の法案通過後、「安保関連法案 まだまだ阻止できます」というフェイスブックの記事が話題になった。1日で30万以上ものアクセスを集めた。

ネット上の投稿で瞬間風速を得たければ、時事ネタが手っ取り早いが、おなじネタを扱った記事は、あの日、あちこちで投稿された。それらとどこがちがったのか。

読者に刺さるポイントを記事の中に作る

このフェイスブックの記事が広まったのは、記事の書き方が巧みだったからだ。他の記事はほとんど、戦争法案と呼ばれる内容や強行採決というやり方をなじるものだったろう。

それに対して、この記事は「まだまだ阻止できます」という希望の灯についた書いた。次のような一文が法案を阻止したかった読者たちの心に刺さった。

  もしかして、衆院特別委員会通過と聞いて、
 「あぁもう成立してしまった」
 …かのように落胆されている方はいらっしゃいませんか?

そのへんのマスコミでは、たとえ参議院で否決してもしなくても「60日ルール」によって再議決し、衆議院の優越によって成立してしまうと絶望しか報じられてなかった。

– PR –


意見よりもテクニックが求められる

全部で1500字ほどの文章は、3点リーダの使い方がまちがっているし、感情的な部分もあり、必ずしもお手本的なものではない。が、阻止する方法という行動の指針を明示した。

新聞記事のようなたんなる解説ではなく、まだ落胆しなくていいと、読者の誤解を具体的に正した。参院で継続審議にすればいいっていうテクニック(戦術)を紹介した。

この件に反対意見を言いたい人たちの中にあったニーズをうまくすくった。
「このあと、どうすればいいんだ?」
という知りたいことに答えた。

記事を投稿したのは、あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)で、その肩書きや特定秘密保護法案(13年11月)のときも批判したといった信頼性がさらに拡散を加速した。

– PR –



 
 
※こちらの原稿は、2015年7月の記事を改稿の上、再掲したものです。
 
 
【参考文献】
 『Web文章の書き方: SEOで集客する記事タイトルと見出し』
 『文章の書き方 基本編: 「うまい」と言われた実例とコツ』
 
 
【関連記事】
 企業が祭りから学べることはネットでの集客の基本だ
 
 

大阪の七夕イベント「天の川伝説」をビジネスモデルとして見る

 「天の川プロジェクト」の名の下、七夕にイベントがおこなわれる。天神祭に次ぐ大阪の風物詩に育てようとしていて、昨年は5万人動員した(ちなみに、天神祭は130万人)。

 メインの「平成OSAKA天の川伝説」は天満橋付近で「いのり星」というLEDを使った光の玉を流し、大川を天の川に見立てようというもの。古来の信仰の再生だ。

無料のコンテンツを核に集客する

 この「天の川伝説」を例に、現代版の祭りのビジネス的側面を見ていきたいと思う。

 まず、言えるのは、イベントじたいは無料で楽しめるということだ。

 「いのり星」を自分も流したいなら、金がかかるが、見物するだけなら、タダだ。これは古来からあるある祭りや花火大会も同様で、あたりまえに思うかもしれない。

 しかし、これにビジネス用語をあてはめたら、コンテンツ・マーケティングといっしょだということだ。イベントという無料のコンテンツを核にして集客をはかっている。

 たとえば、ネットには無料の情報があふれている……と思っているかもしれない。が、利用者の側はネット環境を利用することに対して通信費を払っているわけだ。

– PR –


訪問を売上げへと回収する仕掛け

 イベントや祭りに参加する場合も同様で、開催地近くの会社にでも勤めているのでないかぎり、そこに行くまでの交通費は払っている。それだけで経済活動は発生している。

 地域振興的な観点から言えば、屋台や夜店の類、そういうものが出ないイベントでも、近隣の飲食店その他には、直接間接の利益がもたらされるであろう。

 その回収をより強固にするために、同時開催されるのが「大阪七夕バル」だ。3枚つづりのチケットを買えば、参加している店舗の好きなところで使える。

 チケットは通常1000円程度のメニューが700円相当になるお得なもの。だが、そのお得を享受しようとした見物人たちは、結果的に日頃使わないお金を使うことになるわけだ。

– PR –



 
 
※こちらの原稿は、2015年6月の記事を改稿の上、再掲したものです。
 
 
【関連記事】
 企業が祭りから学べることはネットでの集客の基本だ

企業が祭りから学べることはネットでの集客の基本だ

 祭りをすれば、人が集まる。「過疎」だとか「消滅」だとか言われながらも、祭りをつづけている自治体はたくさんある。あらためてPRしたり創設したりするところもある。

 祭りのような伝統行事には「古い」印象があるが、インターネットなど最新のビジネスにも通じるものがある。人が集まる場所を作れば、お金が動くのは昔から変わらない。

場全体の利益を考えれば客に消費したい心理が生まれる

 自治体が地域振興をしようとか、企業がプロモーションをしようと考えたときに、忘れてはいけないことがある。

 祭りの基本は「楽しい」ってことだ。

 楽しいから人が大勢集まる。集まるから、さまざまなビジネスがおこなわれる。祭りに出かけたときの楽しみは、屋台でいろいろ買ったり食べたり遊んだりする部分だろう。

 非日常の空間で、いつもとちがった消費活動をする。ケチケチして、お金を使わなければ、楽しみが半減する。お金を使える場を用意してあげることがサービスなんである。

 かりに、祭りの主催者がもうけようと、高い入場料をとったら、どうなるだろうか? 客は集まらない。出店者たちから高い場所代をとったら? 出店者は集まらない。

– PR –


利他行為が自分に還元される仕組み

 適正な価格設定で運営費を捻出するというのなら、わかるけども、昔話に出てくる「意地悪ジイさん」や「強欲バアさん」のような態度では、祭りそのものが成立しない。

 また、出店者同士がいがみあって、自分のところだけがもうけようと企んでも、祭りは成功しない。来場者も含めた参加者全員がみんなで楽しもうとする気持ちが大切だ。

 インターネットの世界で、企業が「ホームページ」をおそるおそる作りはじめたころは相互リンクが宣伝の主流だった。それがSNSの時代になっても、基本は変わらない。

 自分のところに人を集めたければ、他人のサイトやアカウントを無料で紹介する。有益な情報を発信しつづけることで、にぎわいが生まれ、集客という得がたい宝を得る。

 訪問者が楽しいと感じれば、向こうから金を使いたがってくれるのだ。
 

– PR –



 
 
※こちらの原稿は、2015年6月の記事を改稿の上、再掲したものです。
 
 
【関連記事】
 大阪の七夕イベント「天の川伝説」をビジネスモデルとして見る
 
 

元祖コスプレシンガー・戸川純の巫女からセクサロイドまで

歌手で女優でもある戸川純はいまも根強い人気を誇る。さらに新しいファンも開拓しつづけている。その変幻自在の個性は、コスプレイヤーを先取りしてたとも言える。

戸川純の魅力をまだじゅうぶんに知らない人のために、歌手活動とコスプレ的個性の関係を中心にたどってみた。

– PR –


歌手で女優でもある戸川純はいまも根強い人気を誇る。さらに新しいファンも開拓しつづけている。その変幻自在の個性は、コスプレイヤーを先取りしてたとも言える。

戸川純の魅力をまだじゅうぶんに知らない人のために、歌手活動とコスプレ的個性の関係を中心にたどってみた。

映像作品『玉姫伝』が話題となった戸川純

1961年3月31日生まれ、東京都新宿区出身。

ニューウェーヴ喫茶「ナイロン100%」の歌姫と呼ばれていた戸川純は1982年6月にゲルニカの一員として『改造への躍動』でデビュー。

ちなみに、女優としての初レギュラーも同年。

特定のアニメなどの衣装ではないが、レトロな雰囲気を完璧に再現するアートワークは、コスプレのノリを先取りしていたと言える。

その後、1984年1月に戸川純名義でソロ・デビュー。女性の生理を題材にした「玉姫様」の歌詞とライヴを含む映像作品『玉姫伝』が話題となり、ワイドショーで取り上げられた。

 戸川純『玉姫伝』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
この『玉姫伝』こそ戸川純の真骨頂で、「諦念プシガンガ」の巫女の衣装や「電車でGO!」のランドセルを背負った(世間的にはロリータ扱いされた)姿はくり返しTVで流れた。

コスプレイヤーならきっとハマる戸川純のパフォーマンス

これ以降の音楽活動はバンド「ヤプーズ」とともにおこなうことが多くなる。戸川純とヤプーズ名義のライヴ『TOUR-LIVE’85~’86』で見られる自作のセーラー服風衣装がかわいい。

 戸川純とヤプーズ『TOUR-LIVE’85~’86』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
さらにミュージック・ビデオでは、映画007シリーズのスパイ・テイストやレプリカントと化す「バーバラ・セクサロイド」など音楽作品ベースのコスプレが活発化する。

戸川純のファンには、サブカル少女やオタクとならんで、クリエイターが多い。歌手活動もする声優のみやむー(宮村優子)には何度も楽曲提供をしている。

– PR –


戸川純の映像は正直、動画投稿サイトの類にもあふれているが、圧巻のパフォーマンスは正規作品の高画質高音質で見たい。コスプレ心をもっているなら、きっとハマるはずだ。
 
 

「私は平沢進だぞ。平沢唯じゃない」でフォロワー1万人増!Twitterでメシを食う男

 学校の教科書にはぜったい載らないような偉人を気分が乗らないときには紹介しないこのコーナー。第1回は平沢進(偉人なので呼び捨て~面識ないし)。

 1979年、P-MODELでメジャー・デビュー。

 1989年、平成元年に『時空の水』でソロ・デビュー。

 2009年、Twitterでのつぶやきが話題に。

 ⇒ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯
 
 
 ⇒ ニコニコ大百科の記事

 ⇒ ASCII.jp | まなめの「週刊Twitterなう!」 ― 第17回(2009年11月04日)

 ⇒ ASCII.jp | 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第10回(2009年12月16日)

 もともと、アニメ関連に楽曲が使用されることが多く、昔のファンしかいない同年代のミュージシャンとはちがい、ライヴでも若い世代の動員が中心だった平沢進。

「私は平沢進だぞ。平沢唯じゃない」

 のつぶやきひとつで、Twitterのフォロワーが3280人から13180人まで急増させた。いまやテクノ~ニューウェーヴ時代のヒラサワを知らず、ツイートのファンとなっている若者が多数。Yahoo!知恵袋でも、

「平沢進さんのおすすめの曲教えてください」

 みたいな質問があふれ、古いファンから見るとピントのズレたベストアンサーに埋め尽くされている。

 アニメの曲を聴きたいやつは知らんが、平沢進のソロなら、まずはこのタービン・コスプレのアルバムからだぞ。

   平沢進『サイエンスの幽霊』 ⇒ 詳細はこちら

– PR –



 
 
 一方、平沢進から「馬の骨」呼ばわりされるフォロワーは増えつづけ、
「2万骨を超えたら……」
 なんてつぶやいてたのも遠い昔。いまやフォロワーは9万人を突破。

 あいもかわらず、自身を「ステルスメジャー」などと呼び、門外漢には「ワケのわからない」つぶやきをつづけている。

 ただ、これだけは知っておいて欲しい。平沢進はもともと「メジャー」と言われる音楽業界の体質に疑問を抱き、早い段階からネットで自作曲の無料配信などをしていた。21世紀に入ってからは、ファンとの直接取引で生計を立てている(らしい)。

– PR –



 
 
 股混同!!